成人期ADHD|はたがや南口心療内科|渋谷区の心療内科・精神科

キービジュアル

オンライン予約

※初診・再診のご予約。お電話もしくはオンラインにてご予約ください。ご予約なしでも受診可能ですがお待ちいただく場合がございます。

成人期ADHD(注意欠如・多動性障害)

ADHDとは

不注意、多動性、衝動性という3種類の主症状が存在する疾患です。子供の頃に通知表に「落ち着きがない。」などと書かれてしまった方は可能性があるかもしれません。ただ、多くの方のADHDの症状は成長とともに薄れていきます。しかし、中には大人になっても不注意や落ち着きのなさが残ってしまう方がいて、昨今「成人期のADHD」として注目されています。ADHDの患者様の中には「生きづらさ」を感じていらっしゃる方も多く、うつの症状を主訴に受診される方も多くいます。

ADHDの症状

イメージ

  • 仕事のミスが多い。仕事の詰めが甘い。
  • 思ったことをすぐに口に出し、周囲を不愉快な気分にさせてしまう
  • 準備が終わらず、よく遅刻をする。
  • 順序立てて物事をこなすことが苦手
  • 何かをしている途中でも、他のことが気になると容易にそちらに行動が移ってしまう。

ADHDの治療

まず、自分はADHDであり、その特徴を持っていると自覚することが大切です。症状は自分でなかなか気づけないものでもあるので、医師の診察やカウンセリングなどで問題を整理することも効果的です。
また、薬物療法として現在は2種類のADHD治療薬(メチルフェニデート徐放剤(コンサータ®)、アトモキセチン(ストラテラ®))があり、当院ではどちらも処方可能です。また、うつ症状などの併存する精神疾患に対しての治療を並行して行います。治療により社会生活が円滑に進むようになれば、自信を取り戻せることと思います。