強迫性障害|はたがや南口心療内科|渋谷区の心療内科・精神科

キービジュアル

オンライン予約

※初診・再診のご予約。お電話もしくはオンラインにてご予約ください。ご予約なしでも受診可能ですがお待ちいただく場合がございます。

強迫性障害

強迫性障害とは

イメージ

自分の意思に反して不安もしくは不快な考えが頭に浮かんできて、それを抑えようとしても抑え切れず(強迫観念)、またそのような考えを打ち消そうとして、無意味な行為(強迫行為)を繰り返さずにはいられなくなる病気で不安障害の一つとされます。そのような強迫症状を、つまらない、ばかげている、不合理だと理解できるのにもかかわらず、無視しようとすると強い不安が襲ってきて、行動を抑えられなくなってしまいます。重症になると確認行為を家族などに強要するようになり、家族が疲弊することもあります。

強迫性障害の症状

  • 何度も手洗いや洗濯、入浴などを繰り返す。
  • 窓や玄関のカギ、ガス栓、電気器具のスイッチなどを何度も確認する。
  • 誰かに危害を加えたのではないかと心配になり、通って来た道を戻って確認する。
  • 物の位置や左右対称性、数字などにこだわりがあり、それから外れると不安になる。

強迫性障害の治療

薬物療法としては、主に抗うつ剤の一種であるSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)が用いられ、症状が重いケースでは抗精神病薬が使われることもあります。精神療法としては「曝露反応妨害法」と呼ばれる治療が有効と言われています。医師やカウンセラーの指導の下で少しずつ強迫症状が出る状況に自分を「曝露」させて、強迫行動に至らないようにすることで、不安を克服し自信へつなげていく治療です。「少しずつ」がポイントとなり、自分で強い曝露刺激を与えすぎると逆効果にもなるので慎重に行います