慢性頭痛|はたがや南口心療内科|渋谷区の心療内科・精神科

キービジュアル

オンライン予約

※初診・再診のご予約。お電話もしくはオンラインにてご予約ください。ご予約なしでも受診可能ですがお待ちいただく場合がございます。

慢性頭痛(片頭痛・緊張型頭痛)

頭痛のいろいろ

イメージ

頭痛には、大別すると頭痛自体が疾患である「一次性頭痛」(慢性頭痛)と、他の病気の症状として生じている「二次性頭痛」(症候性頭痛)があります。一次性頭痛には片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛などがあり、二次性頭痛の代表的な原因には、くも膜下出血、脳出血、脳腫瘍、髄膜炎などがあります。当院では、頭痛の約9割を占める一次性頭痛の診療を行います。頭痛を主訴として受診される方は、神経内科や脳神経外科などでMRIやCTなどの画像検査で異常がないことを確認して受診いただけると診察がスムーズになります。

片頭痛

脳の血管が急に拡張することによって、「ズキンズキン」と脈打つような痛みが起こると考えられています。吐き気を伴うことも少なくありません。痛みは数時間~3日間ほど続きます。原因には、疲労やストレスのほか、20~40代の女性に多くみられることから、女性ホルモンも関係すると考えられています。症状が起こったら、暗くて静かな場所で安静にします。薬物治療としては、トリプタン製剤などの内服が効果的です。また、バルプロ酸や漢方薬によって頭痛の頻度を減らすことができます。

緊張型頭痛

頭を締め付けられるような痛みが起きます。肩や首の筋肉が凝って、その付近の血管が過度に収縮し、神経が刺激されることで痛みが生じ、後頭部から首筋を中心に、頭全体に広がります。精神的・身体的ストレスが誘因になりますので、ストレスの解消を心掛けましょう。入浴、運動、マッサージなどは血管を拡張させるので、このタイプの頭痛に効果が期待できます。筋肉を緩める筋弛緩薬や痛み止め注射などが使用されることもありますが、効果は一時的なので、当院では漢方薬による治療がメインとなります。

薬剤乱用頭痛

現在、比較的安易に鎮痛薬が手に入るようになった影響もあり、週に何度も鎮痛薬を服用する方が増えています。そのため、「鎮痛薬を飲まないと頭痛がする」という状態に陥ってしまっている患者さまが数多くいます。鎮痛薬を中止することが必要となりますが、当院では漢方薬などをうまく用いて、鎮痛薬の使用頻度を減らしていきます。鎮痛薬に頼りすぎている方はご相談ください。